映日記

ままならない日々のこと

ただのんびりする|2024年03月17日(日)

 

最近、朝早くに目が覚めてしまう。まだ夫も犬も寝ているので静かに布団から出て適当に朝ごはんを済ませる。そのあと前日の日記を書いているうちに夫が起き出してきた。

まだ眠そうな夫にちょっと外に出ようと提案して、河原にある公園へ行くことになった。道中でコンビニに寄り、夫の朝ごはんとわたしのコーヒーを入手。

今回は犬も一緒だ。車内で食事を済ませたあと、犬と遊歩道を散歩する。

 

風に吹かれる犬

 

その後車内でもう少しくつろぎタイム。コーヒーの残りを飲みながら夫とおしゃべりに興じた。

こうして自然のある場所でただのんびり過ごすのが好きだ。先日はひとりで海へ行ったし、こうして夫と一緒に訪れることも多い。大きな川や海を見ていると自分の心まで広くなるような、ありきたりだけど人間のちっぽけさを感じる清々しさ。

けっこう疲れが溜まっているのを感じて、帰宅してからは無為に過ごした。布団に横になってスマホをつついたり、ぼーっと動画を見たり。少し読書もしてみたり。

ここ最近は普段から好きなことができているからか、こんなふうにただのんびりすることもできるようになってるようでうれしい。今まではひたすら焦燥感に駆られて「何かしなきゃいけない」とだけ思い続けるような状態だったから……。

夫にも指摘されたが、30を前にして良い意味で諦めがついてきているのだろう。こうして今後もっともっと自分にとってラクな生き方ができるようになっていけばいいな。