映日記

ままならない日々のこと

うきうきたのしい街歩き|2024年3月18日(月)

 

隔週の街へ出る日。メインミッションの通院はさっと済んで、うきうきたのしい街歩きへ繰り出す。

今日は無印良品に行った。無印良品週間なのでここは素直に買い物する。もともと買う予定だった髪を拭く用の長いタオルと、目が合ってしまったブロードのスタンドカラーシャツ。他にも食品などを少し。

10%オフって実はそんなに割引されないんだけど、セールは来店する口実になるからまんまとしてやられていると思う。以前と比べて頻度ががくんと減ったから来店回数も減って、今日は久しぶりの無印だったけれど。

お次は文具店でこまごまと入用なものを買い、その後は書店へ。穂村弘さんのエッセイ『蛸足ノート』を購入した。先日図書館の新刊コーナーに並んでいて、装丁があまりに良くてそこでは手に取らないでおいたのだった。カバーはクリア素材で、本体に印刷された歌川国芳の作品が透けて見える。

 

蛸足ノート

蛸足ノート

Amazon

 

たくさん歩いてさすがに疲れたなあとスマホの歩数計を確認すると、7,000歩近い数字。そりゃ足も痛くなるわ。今日の診察で筋力不足を指摘されたけど、わたしの場合こうして通院のために街へ出ること自体が運動になっている。

あ、でも次からは1ヶ月後で良いと言われたんだった。喜ばしいことだけど運動の機会は失われてしまう。