映日記

ままならない日々のこと

遅起きな日の不機嫌なわたし

昨日の夜更かしがたたって、今朝は10時まで布団から出られなかった。就寝時間は1時だからたっぷり9時間寝たことになるはず。なのに眠くてだるい。大事なのは睡眠時間のトータルではなくて就寝した時刻なのかしらと考えたり。

そしてわたしは、遅起きの日はものすごく機嫌が悪くなる。早く起きれなかった事実にイライラしてしまうというか。貴重な1日の時間をムダにした……みたいな感覚。

そんなこんなで今日、せっかくの日曜日だというのに1日中不機嫌モードから抜け出せなかった。寝坊したことなんてさっさと忘れて活動を始めた方がよっぽと時間を有意義に使えることはわかっているけど、感情はなかなかコントロールできないものでして。つらいねえ。

そもそもなんで夜更かししてしまったかというと、「寝るのがもったいない」みたいな気持ちがある気がする。「今日は何もできなかったな」と思う日は特に。そんな日は夜更かししてもできることなんてたかが知れててるし、実際に昨日も布団に入ってからパラパラと本を読んだくらいだった。スマホをつつくだけの日もあるのでまだマシではあるけれど。

と、ここまで考えて気づいたことがある。わたしが機嫌よく過ごすためにまずやるべきことって「早寝」なのでは……? 早く寝れば早く起きれて機嫌も上々、1日ハッピー、みたいな……。自分の機嫌の取り方については日々悩まされてるから、効果があればめちゃうれしいのだが。

さて、こんなことばっか考えてると緊張して寝付けなくなりそうだし、ここらで切り上げとこ。今日は23時くらいにはおやすみしたいな。